Your SEO optimized title

ハナクロ日記

特技は手抜きとサボリ!働く面倒くさがり猫好き主婦の雑記ブログ

やりたくないことはやらない、と割り切る姿勢は意外といい。

 最終更新日 2019/10/14

 

面倒くさがり、節約主婦のハナクロです👩

 

今回は、私の面倒くさがりなところも意外と節約とメンタルには役立っているのではないか?という話です。

 

 

 

とにかく、つねに隙あらばサボることや手抜きをすることばかり考えて生きています。

 

  1. なるべく食器洗いをしたくない。
  2. なるべく家計簿に書きたくない。
  3. なるべく買い物に行きたくない。

 

書きながら飲み🍻明かせちゃうくらい色々ありますので、3つで強制終了しておきます。

 

使い捨てキッチンダスター

消毒が面倒くさいからこれに変えました。

セリアとダイソーの品物です。

f:id:kuro3919:20191013221635j:plain

 

巻き数の多いサランラップとクッキングシート

買いに行く回数を減らしたいのと、使い終えた時の分別回数も減らせるので、巻き数が長いものをチョイス。

 

リードクッキングペーパー

お鍋のふたを洗うのが面倒くさいので最近こちらにしています。

100均のものよりフェルトのような厚みがあり、ぐちゃぐちゃっとならずにお鍋の上でフォーメーションの修正がしやすいです。

f:id:kuro3919:20191013221520j:plain

 

くっつきにくいアルミホイル

フライパン洗いを削減。

これも巻が長いものがいいです。

f:id:kuro3919:20191013221440j:plain

 

冷凍保存用フリーザーバッグ

冷蔵用・冷凍用なんて分けていると買う種類も増える上に、使い分けが面倒なので冷凍用の一択です。

f:id:kuro3919:20191013221409j:plain

 

キッチン泡ハイターとキュキュット泡スプレー

水筒洗いや水切り籠のあみあみ洗いの救世主

f:id:kuro3919:20191013221721j:plain

 

S&B シーズニングミックス

調味料たくさん揃えると管理がしづらい上に、買い物回数増えるので愛用中

f:id:kuro3919:20191013221322j:plain

 

これらは一例です。

一見、お金を使って手間を解決しているように思えるのですが・・・。

 

不思議なもので、このスタイルの方が生活費が余ります。

 

おそらく、やりたくないことをやらないようにすることでストレスが無いからでは?と思います。

自分の時間が増えることでネットをみたり、TVをみたりしながらまた新しいサボリポイントを見つけることができる。

外に出かけて色々とお店で刺激も入ってくる。

 

もっとサボリたいので、youtubeのサボリ系チャンネルや役立ちそうなTVはみています。

 

あれ買わなくちゃこれやらなくちゃ・・・多ければ多いほど、なんか忙しくて毎日窮屈です。

 

その窮屈が仕事であればお金を頂いているので、流れに合わせて時間も気にして、気が進まないこともやるのですが、プライベートであれば自由です。

 

私個人の考えなのですが、そんなに頑張ってやらなくちゃいけないなんてことはほとんど無くて、やめても支障のないことって多いと思うんです。

 

野球を一人でできないように、全部を毎日やることなんて誰にも出来なくて、出来たとしても表向きは出来てる風になってるだけで、実は中身はスカスカなんじゃないでしょうか?

 

自分の例でいうと、料理をするのが得意でも大好きでもないので、ここはものすごく手を抜いています。

節約系ブログを書いている人間としてはNG発言かもしれません。

 

食べるのとか、人がアップしている料理やお弁当写真は大好きです。

ラクしておいしい思いをしたいというわがままですね^^;

 

その代わり、得意なところは節約しているつもりです。

まあ、それがどこなんだ?と言われると明確にはわからないのですが、生活費が余っている(赤字ではない)時点で何かしら出来ているのでしょう😺

f:id:kuro3919:20191013230742j:plain

 

得意でない所は捨てるくらいの構えの方が、家計をあっさり良い方向にもっていける気がします。

 

 

 スポンサーリンク
 
 
 
いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手抜き術へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村

コメント・ブックマークコメント・Twitterなどでお気軽に話しかけてくださいね。 聞きにくいことがあれば、サイドバーの下の方の「お問い合わせ」からよろしくお願いします。