Your SEO optimized title

ハナクロ日記

特技は手抜きとサボリ!働く面倒くさがり猫好き主婦の雑記ブログ

【臨時収入のチャンス】ブログを続けていれば誰にでもあるかもしれない仕事依頼とは?

最終更新日 2019/10/26

 

面倒くさがり主婦のハナクロです👩

f:id:kuro3919:20191025231100j:plain

 

私が、仲良くさせていただいているおおまめ (id:oomametomame)さんはなちゃん (id:hananekochang)が寄稿をされたと聞きました。

 

ございます。

 

寄稿

依頼を受けて新聞・雑誌・ネットなどに記事を掲載すること。

 

大まかにこんな意味だと思います。

 

もちろんいくらかの報酬もあります。

ここで食いつくのはまだ早いです(笑)

 

 

 

 

おおまめさんはブログ解説9か月目で寄稿が3回目だそうです。

寄稿先は水ナビ通信

 

はなちゃんは、意外でしたが初の寄稿なんだそうです。

寄稿先はを知る通信

 

お二人とも、ブログにコツコツと毎日のお食事・お弁当・レシピなどを優しい文章・人をひきつけるきれいな写真・わかりやすい内容・時にはお子さんや猫ちゃんの様子と共に毎日もしくは不定期でブログ投稿を続けています。

 

そんなお二人のブログが、それぞれの企業様の目に留まり、ブログのお問い合わせページからお誘いがあって寄稿につながったようです。

www.oomametomame.com

 

www.hananeko.jp

 

お料理やレシピのことだけでなくてもいいと思います。

スイーツ好き・神社好き・動物が好きなど・・・。

 

私のようにハイレベルな面倒くさがりとなると、これも立派な趣味です。

常に「なるべくやらない」ということばかり日々考えている人間にもチャンスは転がっているはずです。

 

立派な記事じゃなくてもいいと思いますが、とにかく読み手ファーストでわかりやすく丁寧に心を込めて書いていれば、お二人のようなチャンスが我々にもめぐってくるかもしれません。

 

はなちゃんの記事の方にかいてあるのですが、寄稿にあたり、好きなことを自分のスタイルで書いた記事をそのまま出せるわけではありません。

寄稿 = 仕事なので、もちろんプロからの手直し依頼もあり、時には唇をかみしめるようなこともひょっとしたらゼロじゃないと思います。

掲載された記事と言うのはすごくキラキラしているので、そういう隠れた苦労がわからないままに拡散されていき、寄稿で稼ぐみたいな話だけが独り歩きしそうなので、念のために書きました。

 

もしかしたらマイナスなことをメッセージしてくる人もいるかもしれないし、応援100%ではないかもしれない・・・。

 

それでも、いただく報酬やPV数増加以上に、今まで自分流で書いてきたブログ記事の書き方のスタイルや癖を見直すきっかけとなったり、写真を今よりもっと魅力的に見せる方法を学べたりと、色んな気づきも出来る貴重な体験のようです。

 

ネットで収益というと、グーグルアドセンス等で広告を貼るとかアフィリエイトの物販で稼ぐ等が有力な感じがしますよね。

 

でも、今回のお話のようにチャンスは他にもあります。

毎日でも不定期でもいいので、書きたいことが出来たら更新をして少しづつでも歩き続けて歩みを止めない。

寄稿の誘いが来ないなら、いっそ自ら売り込んでもいいかもしれませんよ。

 

私の知り合いが、ずーっとSNSでマンガを配信していたら、その人にとっては生活が変わるほど有名になりました。

それまでは壊れそうな家に住んでいる、裕福ではないただ好きなマンガを描いて自分でブログやSNSを通じて配信しているような人でした。

何の漫画なのかとか、性別や出会いを書いてしまうと私の身バレどころか相手にも迷惑がかかるので出来ませんが。

 

3人に共通しているのは、お誘いがあろうがなかろうが好きなことをかきつづけていること。

 

そしてそこに欲深さもない。

 

いつも仲良くして頂いている人が活躍していると刺激にもなりますよね。

ちょっと遠い人になってしまう気もして、勝手に寂しさも感じますが。

 

私の語彙力ではなかなかお二人の魅力を紹介が出来ません。

ぜひ、ブログを訪ねてみてください。

 

・・・私も寄稿いつでも歓迎ですよ(笑)

 

 

 

 スポンサーリンク
 
 
 
いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手抜き術へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村

コメント・ブックマークコメント・Twitterなどでお気軽に話しかけてくださいね。 聞きにくいことがあれば、サイドバーの下の方の「お問い合わせ」からよろしくお願いします。

 

広告と関連記事