Your SEO optimized title

ハナクロ日記

特技は手抜きとサボリ!働く面倒くさがり猫好き主婦の雑記ブログ

コンビニ活用のすすめ。時間も節約できるストレスフリーな買い物のコツ。

最終更新日 2019/10/29

 

面倒くさがり主婦のハナクロです👩

アドセンス無関係のブログ、プルの日常をただアップするだけの猫ブログも運営中です。

もし、プルを見に来て下さる目的の方がいらっしゃいましたら、専用のブログを見てくださいね^^

毎日プルの写真と少ない言葉で日記をつけています。

ハナクロ日記~飼い猫プルの日常~

 

私が極度の面倒くさがりで手抜きが大好きなこといつも書いているのですが、スーパーすらあんまり行きたくないので、コンビニを活用しています。

 

「節約主婦がコンビニ?」っていう印象をお持ちですか?

 

今回は、節約の敵と思われがちなコンビニに対して、私が感じている魅力をちょっと書いてみます。

 

 

 

まず、あの平屋のような面積の中に日用品から食料品まで置いてあるというのが好きです。広いスーパーのように、長い距離を忘れたものをとりに行ったり、やっぱり要らないかな?と思った物を遠くまで返しに行かなくていいのです。

 

こんなものを買います。

これはほんの一例です。セブンイレブンの食パン🍞はわりと好きです。

f:id:kuro3919:20191029192810j:plain

 

サランラップ・パン・洗剤類・サラダミックス・サラダチキン・からし・猫のちゅーる・バリスタ専用コーヒー詰め替え用。

 

他にはトイレットペーパー・地域指定のゴミ袋・バター・ハム・牛乳など・・・とにかく色々とお世話になっております。

 

ひとつひとつの値段だけに注目すると、割高なことは間違いがないです。

 

ただ、

 

夕方の戦々恐々としたスーパーで物を探し、レジの長蛇の列に並ぶこと。

(ちょっとの買いものであればなおさらいやだ。)

スーパーとドラッグストアをはしごすること。

 

 

こんな行動すら私はサボりたいのです。

 

かごに欲しいものを入れて、レジに行けばお店の人が慣れた手つきで袋詰めをしてくれます。

私はサクッとお金を払って荷物を受け取って帰るのみ。

時間も掛からないので、疲労感が全然違います。

 

こういうことを考えると、ちょっとくらい高くても別に構わないのです。

 

・・・残念ながら、この行動に向かない人もいると思います。

 

新商品のお菓子・アイス・スイーツ・パンに目が無いという人

 

こういうタイプの人は、節約を考えるのであればコンビニにはあまり近寄らない方がいいかもしれません。

コンビニというのは、新商品のPOPで溢れていますもんね。

 

私は、スイーツ🍮が基本的に不得意、お菓子も滅多に買わない、アイス🍦も自分では買わない、甘いパンも食べられないという人間ですので、この辺の誘惑と言うのはゼロ人間です。

 

全くダメなわけではないのですが、一口サイズのチョコレート🍫は多少つまみ食いするとかそのくらいです。

 

未だにタピオカドリンクの味も知らず、パンケーキは食べられない、バスクチーズケーキも食べたことがない(見たことはある)くらいのレベルです。

 

それでも人生を損しているとは全然思っていません🥰

 

おいしいと思う物・好きな物・苦手な物・・・個人差がありますもんね。

 

私が積極的に食べられる数少ないおやつ

カステラ(黒船か福砂屋のが好み)、チョコレート(アーモンドやナッツ類がくっついていて、なるべくチョコの面積が少なくて苦めのもの)、やつはし、鳩サブレー、バームクーヘン(出来ればクラブ・ハリエのやつ)、ミスドは物によって可能

 

 

ちょっと話が逸れたので戻します。

 

個人的には新商品の影響を全く受けない為、必要なものだけをサクッとかごに入れることができます。

その為、ついでに何かを勢いで買うことはないので無駄遣いはしません。

 

妙な割引シールが貼られていることもほぼ無いので、安いからと言う理由でつい何かをかごに入れてしまうことがないのも、スーパーとは違うところかもしれません。

 

時間の節約という意味でも、コンビニは使い方次第ではすごく便利で、面倒くさがりだけど節約もしたい人間には向いているお店だと思います。

 

 

 スポンサーリンク
 
 
 
いつも最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 

にほんブログ村 その他生活ブログ 手抜き術へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
にほんブログ村

コメント・ブックマークコメント・Twitterなどでお気軽に話しかけてくださいね。

聞きにくいことがあれば、サイドバーの下の方の「お問い合わせ」からよろしくお願いします。

 

広告と関連記事